【スポンサーリンク】

宇垣アナ、退社したTBSのプロデューサー痛烈批判もネット上の反応は…

 3月にTBSを退社した宇垣美里アナウンサー(28)が12日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演。TBSの局アナ時代に、担当していた番組を降板する際のプロデューサーとのやり取りを赤裸々に語った内容が大きな反響を呼んでいる。


 宇垣アナは入社3年目の頃だった当時を振り返り、「降板っていう話をぎりぎりに(プロデューサーに)言われて。1週間か2週間前に」と振り返り、「なんて失礼なことをするんだ」と感じたという。「もっと前に決まってたはずだし、それなら言うべき」と訴えると、プロデューサーが「決まらなくて」と答えたため、宇垣アナは「決まらないわけないし、決まらないなら先延ばしすべき」と主張したという。さらに、プロデューサーがコーヒーを買ってくれたが、「あなたからもらったコーヒーは飲めませんとジャーッと捨てた」と話した。


 社内でのこのやり取りが週刊誌報道で漏れたことに、「内々で、私とプロデューサーの間の話が(外に)出ている時点で民度が知れるわみたいな感じがしたんですけど」と不快感を示した。その後、「すみません」と言って両手で「編集で切ってほしい」のポーズを見せた。

f:id:imp0201:20190713022521j:plain

 ネット上では、「週刊誌報道に社内のやり取りが出るのはおかしい。言うことは一理ある」と理解を示す意見もあったが、宇垣アナの発言や態度に疑問の声も。「間違ってはいないが、攻撃的な感じがして扱いにくいとは思う。番組を成功させるため!っていうより自分がどうしたいかが先にきている。製作者側からしたら使いにくいのは当然だと思う」、「自分本位で感情的だなぁと思った。コーヒーも飲みたくなければ手をつけなければ良いのにわざわざ捨てるっていうのも子供っぽい。舐められたくないと思ったのかもしれないけど、大人がビジネスの場でする事じゃないと思う」、「自分の思いを言えるのはすごい。けど、言い方があるし自分本位ですね。もし私が上司なら、すぐに異動させるな。職場の士気が下がる」など批判的な指摘が多かった。