【スポンサーリンク】

U18「日の丸自粛渡韓」対応の高野連に、ネット上で批判の声が殺到

 日韓関係がかつてないほど悪化の一途をたどる中、日本高野連が韓国・釜山で30日から始まるU18ワールドカップ(W杯)に臨む高校日本代表に、日の丸のロゴなどが入ったポロシャツを着用させず、無地のシャツに変更して現地入りさせる方針を明かしたことに批判の声が殺到している。

 

 登山家の野口健氏(46)は28日に自身のツイッターを更新。「『日の丸を隠さないと日本代表選手を守れない』というのならばそんな危険なところに行くべきではない。日本代表が日の丸を隠してまで。日韓関係に配慮って意味わからん。ならば韓国代表は韓国国旗をユニフォームから外す?片方だけが外すという事が果たして未来志向なのか?」と高野連の対応に疑問を投げかけた。さらに、「果たして『日の丸を隠す行為』が韓国に対し配慮している行為なのだろうか?韓国からすれば『日の丸をつけていれば日本代表選手に危害を加える』と日本サイドに思われている事自体が『侮辱されている』と捉えるだろう」とツイート。「また日本を代表し戦う日本選手にコソコソさせるのは極めて失礼。大人達、情けない!」と強い言葉で日本高野連の今回の対応に怒りをにじませた。

 

 ネット上で野口氏のツイートに賛同の声が多く、日本高野連に批判的な意見が殺到している。「高野連の国際感覚の無さを象徴するような事案です。自国の国旗を隠してくるような人たちが現地の人に、また他の国の代表からどのように見られるのか思い浮かばないのでしょうか。時の政権に不満があったとしても自分の生まれ育った国の象徴を邪険に扱う人は、海外では理由はどうあれ理解されないと思いますよ。韓国でも良識のある人は怪訝に思うでしょう」、「未成年を引率する責任としては理解できなくもないし参加辞退も恐らくは考えたでしょうけど、その解決策がこれではあまりにも幼稚すぎる。それだけ危険なのを覚悟しておいて日の丸さえ隠せば良いって発想になるのが疑問。本当に危険視しているのかしてないのか中途半端すぎる」、「国の代表として行くわけだから文字通り日の丸を背負うのは当然。反日の自粛・抑制により参加者の安全を確保するのは主催者側の責任。配慮するべきはこちらではなく向こう側。こんな形で出場する意味はあるのか。あり得ない判断。過去に同様の対応を取った国があるというなら是非教えていただきたい」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20190828103944j:plain

 大会参加について賛否両論の意見があるが、高校生たちが韓国で着用する服を「日の丸」のロゴの入ったシャツから無地のシャツに変更した日本高野連の対応に反対意見が目立った。