【スポンサーリンク】

香港デモに言及したトランプ大統領の発言に、「過激すぎる」と懸念の声が

 米国のトランプ大統領が22日、FOXニュースに対し、「私がいなければ、香港は14分で壊滅させられている」と語った発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 米議会は20日、香港の民主活動家を支持する法案を圧倒的多数で可決。同法はトランプ大統領の署名で成立するが、中国政府は新法が制定されれば報復措置を取ると警告している。大統領は法案に拒否権を発動するかについて、「われわれは香港に味方しなければいけない。しかし、私は習主席の味方でもある。彼は友人で、素晴らしい人物だ」と明言を避けた上で、「彼らが解決することを期待している」と述べた。 

 

 大統領は習主席と信頼関係を築いているため、香港民主化運動に対する中国政府の動きを防いでいると強調。「香港のすぐ外で待機する100万人の兵士が進軍しない唯一の理由は、私が習主席に『やめてくれ。大きな間違いを犯すことになる。貿易協定にすさまじい悪影響が及ぶ』と頼んでいるからだ」とした。

f:id:imp0201:20191117095259j:plain

 ネット上では、「言葉が過激すぎるかな。選挙のための国内有権者にアピールかもしれないけど、香港と中国の人間は神経が立っている。こういう発言はしない方がいい」、「あのー、大統領、そういう風に説明するのは、逆に、命を賭けて闘っている香港の市民に焦燥を与えることになってしまったのではないでしょうか。シンプルに自由の大切さだけを訴えてほしかった」と批判的なコメントがある一方で、「トランプは文字通り、習近平とうまくやっている、という印象。敵対国であり、刺すところは刺しつつも、うまく調整はしている」と理解を示す声も。賛否両論の意見が見られた。