【スポンサーリンク】

トランプ大統領が独立記念日に「爆弾発言」 日本で辞任求める声が

 米国のトランプ米大統領が4日、ホワイトハウスで開いた独立記念日の祝賀イベントで演説を行い、感染拡大の続く新型コロナウイルスについては「99%は無害だ」と発言したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 国内の感染者数が280万人を超えた新型コロナウイルスについて、トランプ氏は「4000万人近くに検査を実施し(感染しても)99%は無害であることを示せた」と強調。式典の招待者はソーシャルディスタンスを取ることなく聞いていた。

 

 トランプ大統領のこの発言に、ネット上では、「今回のコロナの対策がトランプさんの政治生命にピリウドを打つかも知れない程の失策だと思う。99%無害の言葉が煤けて見える」、「『新型コロナウィルスは99%無害』って、米国内では多くの感染者に多くの医療関係者が対応しているのに、大統領の発言ではない。あなたは、一企業の経営者に戻ったほうが良い。米国民のために、人類のためにも。あなたが米国大統領であったことは、もう十分歴史に残ります。地位も迷声も得たのです」など批判や呆れた声が。

f:id:imp0201:20200706071603j:plain

 一方で、「わかる気はする。人口が過密状態のニューヨークやワシントンなどの大都市部を除けば、アメリカは、ハイウェイを走っても、対向車すらなかなか出会わない。日本とは事情が違う。だから日本人が日本の事情をアメリカにはてはめるのは間違い。面積の広い国の事情は日本人にはわからない」、「確かに判明している感染者数は今のところ人口1%に達してないから、現時点で間違いとは言えない。だから問題がないとは思えないが、極度の恐れる必要もないと思う。何かに触ったら手洗いをする、人とは距離を取る、話すときはマスクをする、くらいでかなり感染リスクは下げられると思う」と理解を示す意見も見られた。