【スポンサーリンク】

日本総領事館に侵入した韓国の大学生の「実質無罪判決」に、中国で大きな反響が

 韓国・聯合ニュースが「日本の経済報復に抗議するため日本総領事館に侵入して奇襲デモをした大学生に宣告猶予付きの判決が下された」と2日に報じたニュースが、大きな反響を呼んでいる。

 

 大学生7人は昨年7月22日に釜山の日本総領事館に侵入。「日本の再侵略・経済挑発を糾弾する」「安倍首相は謝罪せよ」などと書かれたプラカードを掲げ、約10分にわたってデモを行った疑いで起訴された。

 

 記事によると、釜山地裁は同日、に共同住居侵入罪で起訴された大学生7人に対し、罰金300万ウォン(約26万円)の宣告を猶予したことを明らかにした。裁判官は「国民は被告人の行動に共感している。しかし必要な手続きを行わずこうした行動を取ることは後進的であり、むしろ間違ったメッセージを与えかねない」と指摘。その上で「被告人には今回を機に手続きの重要性を学んでほしい」としつつも、「社会進出を控えた大学生である点などを考慮した」と情状酌量の余地があることを説明したという。

f:id:imp0201:20200316110014j:plain

 この判決について、日本と韓国だけでなく中国のネットユーザーからも大きな反響が。「裁判所の判決に疑問を感じる。あまりに甘くないだろうか。反日というのが情状酌量の理由になっていることで再び同じような事件が起きる危険性がある」、「司法としての機能を果たしてないように感じる。こんな甘すぎる判決で大学生は反省しないだろう」など疑問を呈するコメントが目立った。