【スポンサーリンク】

7年間で6件…強制性交繰り返した男の地裁判決に、怒りの声が

 女性宅に侵入して性的暴行などを約7年間で6件繰り返したとして、強盗強制性交や強姦などの罪に問われた無職の男(26)の裁判員裁判の判決公判が30日、横浜地裁で開かれ、家令和典裁判長は懲役20年(求刑懲役25年)を言い渡した。

 

 家令裁判長は、被告が深夜に自宅周辺をうろつき、狙いを定めた部屋に侵入していたことを指摘。被害者の両手首を縛るなど身体の自由を奪った上で、「殺す」と脅迫して暴行に及んだことを「態様は卑劣、悪質」と非難した。被告側は解離性障害が影響したと主張したが認められなかった。

 

 この判決にネット上では「7年前から……19歳からやりはじめたのか。両手首を縛るなど身体の自由を奪った上で、『殺す』と脅迫してから……被害者は恐ろし過ぎたし、ダメージがたまらないでしょうね…。20年なんてすぐで、被害者からしたら日々毎年が容疑者出所のカウントダウンで精神不安定でしょう。6人(もっと被害者ありそう)で20年は短すぎますね」、「分かっているのが6件ってことだと思うけど『複数の被害者がいる1件の事件、前科1犯』、ではなく『6件の性犯罪、前科6犯』と扱って1件ごとに量刑を出してほしい。被害者がひと山いくらで扱われることに不快感しかない」など量刑が軽いという不満の書き込みが殺到。

f:id:imp0201:20200707071617j:plain

 また、「服役後にはGPSを装着して警察や裁判所が監視、氏名や住所などの個人情報は全国民が共有できるようにする、GPSを破壊したと確認できたら再度収監、それだったら懲役20年に賛成です。それが出来ないのなら終身刑!」と性犯罪者が出所後にGPS装着を義務付ける法整備を求める意見も多かった。