【スポンサーリンク】

陸上部顧問が女子中学生にわいせつ行為 学校の「ある判断」に賛否両論の声が

 読売新聞の報道によると、兵庫県内の公立中学校の陸上競技部で、部員の女子生徒が合宿中に顧問の40歳代の男性教諭からわいせつ被害を受けたと訴えていることが教育委員会などへの取材で判明した。男性教諭はその後連絡が取れなくなり、学校から被害相談を受けた県警が行方を捜しているという。

 

 同紙によると、合宿は県内で行われ、顧問の男性教諭を含む教諭3人と複数の女子部員が参加。女子生徒は10日未明、宿舎の部屋に入ってきた男性教諭に体を触られたと訴えているという。男性教諭は10日朝に自分の車で宿舎を出た後、連絡が取れなくなり、学校から相談を受けた県警が捜査している。男性教諭は、9日夜に他の教諭と酒を飲んでいたという。

 

 同校は15日に保護者説明会を開催。16日に予定されていた陸上競技部の県大会出場を取りやめたら、ネット上ではこの対応に賛否両論の声が。「県大会には出場させるべきでは?そのために頑張ってきた子たちがそれこそかわいそうではないのか」、「罪を犯し、更に子供達に迷惑をかける。日々、努力した事を無にする行為。最低すぎる。競技には出場させてほしかった。子供達には何の問題も無い」という意見があるのに対し、学校側の対応を指示する考えも。

f:id:imp0201:20191116155800j:plain



 「大会には出してあげたいって私も思うけど、ただ、友達が性犯罪にあって、さらにその犯人が顧問の先生だったって、被害者の子はもちろん、他の部員の子達にとっても相当ショックだったと思う。そんな精神状態で注目を浴びてしまうのは良くないって判断も、よくわかる」、「県大会に出たかったでしょうが、ここまでニュースになるとどうしても被害生徒へ興味の目がいくのは間違いないですね。それを考えると出場辞退するしか方法がないのも分かります」などの書き込みが。生徒たちのショックは計り知れない。行方をくらましている男性教諭は自分の犯した過ちを受け止めなければいけないだろう。