【スポンサーリンク】

トヨタ 21年3月期見通しは営業利益79.5%減で、「ある悪夢」懸念の声が 

 トヨタ自動車は12日、21年3月期の業績(国際会計基準)が、売上高は前年比19.8%減の24兆円、本業のもうけを示す営業利益が79.5%減の5000億円になる見通しを発表した。営業利益が1兆円を割るのは12年3月期(3556億円)以来。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で新車販売の縮小を見込んでいるとみられる。グループの世界販売台数は890万台を見込む。

 

 トヨタは今年2月、為替が想定より円安に推移しているとして、3月期の業績予想を上方修正。米国をはじめ3月に販売が急減したが、3月期の収支はほぼ前年並みとなった。米国で4月の販売が前年同月より半減するなど、北米や欧州、アジアの多くの地域で販売が落ち込んでいる。新型コロナが業績に本格的な影響を及ぼすのは21年3月期となる。

 

 ネット上では「うーん、それでも5,000億円の黒字が出せるのはすごい。おそらくかなり堅めに見積もっているはずだから、実際はそれ以上の利益が出るんだろう。すごいな」というコメントも見られたが、下請け企業や今後の日本経済を懸念するコメントが目立つ。

f:id:imp0201:20200503204519j:plain

 「深刻なのは、その下請や孫請などの下々だと思う。仕事を貰う側は気が気でない。世界でも車の売れ行きに不安が広がりつつある。頼みの北米もやばい、どうなるんだ。自動車産業に陰りが見えると、景気は一気に減退しそうだ」、「トヨタとは言っても直営販売店は僅かなのでダメージの幅は少ない方。全国にある販売店を加えたら数兆円の赤字に転落すると思う。世界のトヨタでもその規模の損害が出ていると重く認識しなければいけない。ピラミッドの頂点のトヨタが80%の営業利益減じゃ、その業界底辺の関連中小は、全く持たないでしょうね。土台から崩壊して行きますよ。今まで散々下請け・孫請けを叩いて来たツケがしっぺ返しで戻って来た。そんな感じでしょうね」などの指摘が見られた。