【スポンサーリンク】

外出に誘うママ友に言及した「ある女優」のブログに、大きな反響が

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために不要不急の外出自粛令が呼びかけられている中、女優の遠野なぎこが自身のブログを更新し、友人を遊びに誘う行為を痛烈批判した内容が大きな反響を呼んでいる。

 

 遠野は「“断る勇気”を持ちましょう」のタイトルで記事をアップ。「私の身近な人達の間でも、まだまだ耳にする話」とした上で、「『子どもが暇してるし遊ぼうよ!と誘ってくる“ママ友”がいる…付き合いもあるし困っている』と悩んでいらっしゃる方が少なくないのが現実です。正直、あきれて物も言えないですよね…子どもの“ストレスを取り除こうとする事”(←そしてそういう人間は恐らく自分が暇なだけ)と、子どもの“いのちを守ろうとする事”。天秤にかけるまでもない話なのは、明らか。親として、人として最低最悪です。そんな事で困る必要はありません。…悩む必要もありません。どう考えても間違っているのは、相手側の価値観なのですから」と訴えた。

 

 そして、「この問題は、何も親に限った事でもありません。家族でも起きています。独身同士でも起きています。私も、今は絶対にどんなお誘いにものりません。相手側に悪気がある訳ではないのだろうから、特に非難したりもしませんが。私は意図的に娯楽を選択した“加害者”にはなりたくないからです。駄目なものは、駄目なのです。それで関係が拗れるのならば、もうそれは仕方がない事と思うしかありません。『“断る勇気”を持ちましょう』。この世に、“いのち”より大切なものは無いのです。自分の“いのち”だけの話ではありません。他人の“いのち”を奪う権利は誰にもないのです。」と主張した。

f:id:imp0201:20200329202453j:plain

 ネット上では、「同感です。この時期に食事とか誘ってくる人いますが、本当に驚きます。断る人の気持ちになってみて考えてほしいです。子供さんを外に連れて歩かなければならない事情もありましょうが、親がマスクをしていて、子供がしていないというパターンもよく見かけます。自分がならなければいいとか、子供はなりにくいとかではなくて、保菌者である可能性もあります。今は本当に辛いけれど一人一人が自粛して耐えてほしいものです」、「こういう困った人って、自分のことを言われているとは思っていない人が多数。こういうニュース見て、あーそんな非常識な人あるんや、困るわ〜って言ってる。自分がやってるにも関わらず。本人は気付いていない。友達に全くこの手の人がいて困ってる」など遠野に共感するコメントが多かった。