【スポンサーリンク】

新型コロナで死去 「ある狂言師」の年齢に、大きな衝撃が

 大蔵流狂言師の善竹富太郎(本名茂山富太郎=しげやま・とみたろう)さんが4月30日午後7時54分、新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため東京都渋谷区の病院で死去した。40歳だった。葬儀は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。

 

 曾祖父の善竹彌五郎は狂言界で初の人間国宝。富太郎さんは3歳から稽古を始め、5歳で初舞台。「狂言は心・生活のサプリメント」を信念に、狂言の普及活動に尽力。オペラとのコラボなど、狂言界に新風を吹かせていた。

 

 3月30日には新型コロナウイルス感染症による肺炎のため死去した志村けんさんを悼み「けんさん、悲しすぎる!」とツイートしていた。

 

 富太郎さんが40歳という若さで逝去したことに、「存じ上げなかったんですが少し調べたら、この方の祖父は人間国宝だそうで、亡くなった富太郎さんも幼少期から狂言の世界で研鑽を積み狂言界を引っ張る存在だったようで、日本の伝統文化を継承する唯一無二の存在としても今回の訃報は残念でならない。世間的に有名じゃないからマスコミで騒がれないけど40歳の若者がこんなにも呆気なく亡くなるってのは衝撃的。彼のツイッターを拝見したけど、志村さんの事に触れてて残念がっていたけど、まさか自身が感染して亡くなるとは思ってもいなかっただろうにと思うと、なんとも切ない」、「狂言界にもコロナの魔の手が。しかも40歳で。葬儀の喪主が父親とは、相当つらいよね。合掌」など大きな反響が。

f:id:imp0201:20200315195806j:plain

 また、「感染者数、致死率ともに、インフルと変わらん、騒ぎ過ぎ、といった説も見受けられますが、、毎年インフルでここまで著名人が重篤になったり亡くなっていますか?たまたま?これはインフルとは違う、明らかな警鐘でしょう」というコメントも見られた。