【スポンサーリンク】

なぜ?東京五輪が21年7月23日開幕で4者合意に、「怒りの声」が殺到

 東京五輪・パラリンピック組織委員会、東京都、政府と国際オリンピック委員会(IOC)が30日、新型コロナウイルス感染症の影響で延期が決まった大会は来年7月23日から8月8日で合意したことを発表し、大きな反響を呼んでいる。

 

 ネット上では「どうでも良いわ。今はそんなこと言っている場合ではない。ある程度終息してからだろ!!選手や関係者からすれば早く決まってほしいだろうけど。もう一度言う。今はそんな事議論している場合ではない」、「近々のことが不明確なのになぜ来年のオリンピックが正式に決まるの?もっと時間を費やして解決することがあるでしょ?今の国民はオリンピックの開催を望むより他のことを望んでいると思います。」など批判の声が。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 また、「今の世界情勢を見て、とても来年の7/23から、まともなオリンピックを開催できると思えない。少なくともあと半年と少しくらいで収束しないと、とても五輪どころじゃないよ?なんか、日本だけで焦って決めても世界から浅ましいと思われるだけ」、「来年夏に開催出来ると思う人間は余程おめでたい。世界中に蔓延して集団免疫力付けるのに3年程度かかる。特効薬、ワクチンの開発時期も不明だ。延期費用の1兆円は、ビタ一文IOCは負担しない。全て税金だ。東京オリンピックは中止して、浪費する延期費用はコロナ対策に回すべきだ」など東京五輪の開催に否定的な意見も多かった。