【スポンサーリンク】

緊急事態宣言の中、入山禁止の山で遭難 25歳男性に「ある処罰」求める声が

 栃木県日光市の男体山(標高2486メートル)で2日午後2時半ごろ、単独で登山していた川崎市川崎区の団体職員の男性(25)が遭難。知人を通して日光消防署に救助を要請した。栃木県防災ヘリが出動し、約1時間半後に救出された。男性は足に軽い凍傷を負ったという。

 

 メディア報道によると、男性は電車とバスを乗り継いで現地入り。2日午前7時ごろ、日光二荒山神社の閉門された登山口の脇から登山道に入り、頂上まで登った。下山途中に道に迷った上、足を滑らせて靴が脱げ、1時間ほど残雪の中を靴のない状態でさまよい歩いたため両足に軽い凍傷を負ったという。男体山は奥日光の中禅寺湖沿いにあり、百名山の一つ。新型コロナウイルスの感染予防のための緊急事態宣言で、先月25日に予定されていた開山が延期され、立ち入り禁止になっていた。救助活動は標高2200メートル付近の上空でヘリコプターがホバリング(空中停止)し、遭難した男性をつり上げて機内に収容したという。

f:id:imp0201:20200503105638j:plain

 このニュースにネット上では、「まともな『登山をする人』なら滑って靴が脱げるような登山靴は履かない。更に道に迷ってもビバークする為の用具と食料は携行している。そもそも入山規制されている山には入らない。つまりこの人は素人の初心者なんだろう。これに懲りて自分の生き方を考え直すことだ。そして山を歩く、登るということは軽い気持ちで楽しむようなモノではないことを、山歩きに興味のある人には再認識して欲しい」など男性に反省を促すコメントや、処罰を求める声が。

 

「確か、山での遭難は、救助救出費用は 実費で請求されるはず。なので、みんな保険に入って行くのらしいけどその保険も、禁止事項を破ってだから 保険おりないようにすべき」、「自分の責任で登山するのは勝手だけど、遭難したからと言って救助を求めるのは無神経にもほどがある!!入山禁止ということを承知の上での行動に対して、何らかのペナルティーは必要ではないのか?氏名はもちろんのこと、団体職員らしいが勤務先も公表すべきだと思う。こういった行動は、結果良しではいけない!!公共機関による救助でも費用が掛かる。その費用は税金から出ていることを踏まえ、他県からの登山者の救助には実費負担という条例を作るべきだ」という意見が見られた。