【スポンサーリンク】

「テラスハウス」放送打ち切り フジテレビの発表文に怒りの声が

 フジテレビは27日、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の放送を打ち切ると発表した。出演者で女子プロレスラーの木村花さんが23日に亡くなり、番組での言動に対する誹謗中傷を悩まされていたことが判明。番組の今後の存続が注目されていた。

 

 番組の公式サイトやツイッターでは「この度、番組に出演されていた、木村花さんがご逝去された事について、改めてお悔やみ申し上げます。またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します」と追悼し、「『TERRACE HOUSE TOKYO 2019―2020』に関しましては、制作を中止することが決定致しました。この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております」と報告。フジテレビの公式動画配信サービス「FOD」での配信も停止した。

 

 同番組は男女6人による同居生活を描く同番組。現在のシリーズ「―2019―2020」は、ネットフリックスでは42話まで配信され、フジテレビでは38話までが放送されていた。ネットフリックスで3月下旬に配信した38話で、木村さんが洗濯物をめぐり同居の男性に激怒してネットで木村さんに対する悪質な誹謗中傷のコメントが殺到。同話はフジテレビで今月18日にも放送された。

f:id:imp0201:20200528100244j:plain

 「テラスハウス」の放送打ち切りを発表したフジテレビに対し、ツイッター上では批判的なコメントが目立つ。「これで幕引きして逃げるのか?フジテレビ。木村花さんは何故自殺したのかを検証する番組を流すべき」、「当たり前だけど合わせて番組側で分かる様に説明と謝罪をしろ」などの指摘が。一方で、「テラスハウス好きだったので心の整理がつかない。全否定されるとちょっと…放送打ち切りは当然なんだけど、色々な情報だけ独り歩きしているから番組の制作スタッフがやらせかやらせじゃないか真実を包み隠さず話してほしい」という意見も見られた。