【スポンサーリンク】

双子の男子児童に暴行疑いで逮捕 寺子屋食堂理事長に「あまりにも不憫」の声が

 小学生の男子児童2人を蹴るなどしたとして、神奈川県警多摩署は19日、NPO法人「川崎寺子屋食堂」の理事長、竹岸章容疑者(72)を暴行の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、竹岸容疑者は5月17日午後5時半ごろから同8時ごろまでの間、川崎市多摩区菅北浦の「菅こども文化センター」内で、勉強を教えていた小学6年の双子の男子児童2人の頭を教科書でたたいたり、足を蹴ったりしたなどとしている。竹岸容疑者は容疑を認めた上で、「(双子の児童が)勉強中におしゃべりをしていたのを注意したが、やめなかったのでたたいた」と供述しているという。児童らの母親が同署に相談して事件が発覚した。同署に同様の相談がほかにも数件あるという。「川崎寺子屋食堂」では、2年前の17年から母子家庭や生活保護の家庭の小学生らに勉強を教え、食事を提供する活動をしていた。

f:id:imp0201:20190920103306j:plain

 ネット上では竹岸容疑者が逮捕されたことに同情や疑問の声が多い。「蹴るのはやりすぎだと思うけど、こういう風に親の目がないときに周りの大人に叱ってもらう事で子供は成長すると思うけどな。騒ぐのをやめなかった子供達も反省させて家庭内でも叱るべきだと思います。暴行事件だなんて、善意で対応して下さった方があまりにも不憫です」、「これが『暴行事件』として全国に報道されるのか。なんかちょっと時代の空気がおかしい気がするわ」「親が見られなくて人に預けといて。警察ではなく親が理事長ともう少し話し合ってもよい気がします。小学6年生なんだし小さい子じゃないんだから 人が注意したこと素直にきけないなら、そこに行かなくすればよいんじゃないでしょうか。 なんでも警察は違う気がする」などの指摘が。他にも余罪があるとみられることから、しつけによる暴力がどの程度のものだったのかなど事件の詳細が気になるところだ。