【スポンサーリンク】

コロナ禍で女性と外出発覚の男性タレント 所属事務所の「ある処分」に批判殺到

 ジャニーズ事務所は15日、「NEWS」の手越祐也が緊急事態宣言の外出自粛が呼びかけられていた4月中旬、女性たちとパーティーを行ったなどと14日発売の「週刊文春」で報じられた内容を認め、謝罪した。所属タレントが新型コロナウイルス感染拡大防止に対する支援活動「Smile Up!Project」の一環として制作が発表されたチャリティーソングへの手越の参加も見送る。

 

 同社は公式サイト「ジャニーズネット」で、「弊社、手越祐也に関する一部週刊誌での掲載記事に関しまして、本人へ事実確認を行いました所、掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実を認めました」と報告。その上で、「事務所として緊急事態宣言発令時より所属タレントに対して不要不急の外出を控えるよう伝えており、 更にSmile Up ! Projectでは世間の皆さま方へもSTAYHOMEを呼びかけている中、このような軽率な行動を重く受け止め、事務所の判断としてチャリティーソングへ手越祐也の参加を見合わせることに致しました」と処分を下したことを説明した。

 

 ジャニーズ事務所の対応にネット上では、「チャリティーソングの不参加当然だと思います。この人はどれだけジャニーズに泥を塗れば気がすむのでしょう。今までも色んなことをやらかしてきましたが初めての対応です。少しジャニーズに期待が持てました」、「やっと、って気持ち。他のジャニタレが真面目にやってるのに、何なの?と、思うことしきりでしたから。タッキー、あっぱれ!」と評価するコメントが見られたが、不満の声の方が多い。

f:id:imp0201:20200417065148j:plain

 「問題ばかり起こして…もう解雇にすればいいのになぜしないのか。事務所にとってそんなに必要な人なの?チャリティーソングの不参加もしかしてそれだけで罰は終わり?」、「謝罪するよりいい加減、手越祐也を解雇にしたらいいじゃない。何度も不祥事起こしても処分されないで、レギュラーのイッテQも続けている。メリー・ジュリー親子のお気に入りだけ優遇されて不公平な事務所ですね。真面目に頑張っているタレントは、こんなブラック事務所どんどん退所してしまった方がいいです」と手越の解雇を求める意見が目立った。