【スポンサーリンク】

高3男子にわいせつ行為で42歳教諭逮捕 支払った金額に驚きの声が

 埼玉県警少年捜査課と栄署は28日、埼玉県所沢市、同県立高校教諭の男(42)を児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、男は6月9日午前11時半から約20分間、東京都渋谷区の商業施設内の男子トイレで、東京都大田区に住む高校3年の男子生徒(17)に現金7000円を渡し、わいせつな行為をした疑い。2人は6月にツイッターで知り合ったという。県警のサイバーパトロールで発覚した。男は「18歳以上だと思っていた」と容疑を否認しているという。

f:id:imp0201:20191017110924j:plain

 ネット上では、逮捕された男だけでなく、被害者の男子生徒を批判する声も多い。「毎回思うが高校生にもなってダメなことなどの判断できないわけ?未成年の方は名前は出ないと思ってるからこんな事が起こる原因なのでは?」、「男子生徒も刑事処罰を受けるべき。被害者である扱いに違和感を覚える」などの書き込みが。また、「7000円って…金額じゃないけどもっと自分を大事にした方がいい」、「7000円って額に驚いた。何を考えているかわからないし、常習犯でしょう」など男子生徒が受け取った金額に驚く意見も少なくなかった。男子生徒も自身の行動を猛省しなければいけないだろう。