【スポンサーリンク】

児童3人の上履き隠した疑い 逮捕された小学校教諭の「驚きの余罪」とは

 勤務先の小学校で児童の上履きを隠したとして、警視庁は15日、東京都日野市の小学校教諭、井上浩一容疑者(38)を器物損壊の疑いで逮捕した。井上容疑者は容疑を否認しているという。

 

 メディア報道によると、井上容疑者は昨年5月から今年6月ごろ、勤務先の東京都あきる野市の市立小学校で、児童3人の右足用の上履き3点を教員用の更衣室のロッカーに隠し、使えなくした疑い。防犯カメラの映像などから井上容疑者の犯行が浮上した。

 

 五日市署は9月下旬、別の児童の防災ずきんにペンで「しね」、絵の具セットに「きしょいよきみ」と書いたとして、井上容疑者を器物損壊容疑で逮捕していた。この事件については容疑を認め、「他の教員へのうさばらしだった」と供述しているという。井上容疑者は17年4月からこの小学校で勤務。3年前から、児童の持ち物が隠されたり、落書きされたりする被害が約100件起きているといい、関連を調べている。

 

 ネット上では「他の教員への憂さ晴らしを、児童の持ち物に行う理由がわからない。強いものに刃向かえないから、弱いものをターゲットにする。これ、完全にいじめと同じ構図だよね?いじめについて指導するのが先生だよね?いや、この男は先生じゃないな」、「行動の全てが意味不明。って言うか幼すぎ。一大人のやることじゃない。なぜこんな輩が教師として採用されたのか。採用制度を見直すべきではないか。このような教師に教わる子供たちは不幸としか言いようがない」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200811075147j:plain

 また、「やっていることが小学生以下ですね。教員採用試験の倍率が悪化し、『常識』が通用しない人が増えることが懸念されていますが、近頃の若手はこの年代の先生方よりも優秀で真面目な方が多いのが現実です。このような事件により真面目に頑張っている大多数の先生方の邪魔はしないで頂きたいですね」という指摘も見られた。