【スポンサーリンク】

国民・玉木代表がツイッターで「マスゴミ」と批判に賛否両論の声 

 国民民主党の玉木雄一郎代表がツイッターで、同党の小沢一郎衆院議員の処遇をめぐる一部報道で「いい加減な憶測記事を書くな。だからマスゴミなんて呼ばれるんだよ」と投稿した。投稿はその後に削除され、ユーザーから「ただ、マスゴミという言葉は余り宜しくないと思います。話の本筋をぼやかし、玉木雄一郎代表も批判されかねません」という意見に、「ご指摘を踏まえ削除しました」とツイートした。

 

 ネット上では「マスゴミ」投稿に賛否両論の声が上がっている。「玉木さんが言われるように、新聞やテレビの一部報道には明らかに偏向や誤報が含まれているケースが散見されるが『マスゴミ』はダメでしょう。選挙戦を控え、我慢と慎重さが求められる時で、自覚が足りてませんね」、「発言も呟きも軽いひとが増えているなー。吐いた唾は飲み込めないし、内容は忘れてもイメージは増幅して残ることを忘れないでほしいです」とSNS上での発言に自制を促す意見が。

f:id:imp0201:20190517171742j:plain

  ただ、世論のメディアへの不信感も強く、「この人を支持しているわけではないが、今回、言ってる事は間違ってないと思う。記者やらカメラマンが道路を占拠してひしめき合い、相手の心情も考えずカメラを向ける様は、まさにゴミだと思います」、「削除しない方がよかった。削除しなければ、よく言ってくれたと思う国民が多かっただろう」と玉木代表を擁護する声も少なくなかった。