【スポンサーリンク】

玉川徹氏 訪日韓国人観光客の特集で、「ある発言」に批判殺到

 2日放送のテレビ朝日系列のワイドショー・情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」で悪化の一途をたどる日韓関係を特集した際、コメンテーターで同局の玉川徹氏の発言が波紋を呼んでいる。


 番組では成田空港、大阪市内で訪日韓国人観光客を取材。20代の女性は「正直言って、暴行事件のこともあり、来る前はすごく心配したが、実際に来てみたら日本人は親切で全然心配いらなかった」とコメントした。司会の羽鳥慎一アナウンサーは「そりゃそうですよね。暴行しないですよね」と反応したが、玉川氏は「テレビ番組で暴行した方がいいとか言っている人、出てるじゃん。日本の中でも」と発言。コメンテーターでタレントの石原良純は「あれは特異な発言」としたが、玉川氏は「誰とは言いませんけど、どの番組とは言いませんけど、羽鳥さんが(夏休みで)いない時にそういう風な発言があったんです、日本で」と語気を強めた。

 

 玉川氏はこの発言をしたコメンテーターの名前を明かさなかったが、ネット上では、中部大学の武田邦彦特任教授であると指摘する声が多い。また、玉川氏が武田教授の発言を歪曲して捉えていると批判的な意見が殺到。「あーあ玉川さんやっちゃった。その暴行した方が良いって言った方のコメントを要約すると『暴行しなきゃいけない
という考えを持つ人が出てきてもおかしくない。だからあのような事件は駄目なんだ。
勿論、日本の人は我慢すると思うけど怒っても仕方ない事』。テレビでコメントしている人がそういう事実確認もせずデマを垂れ流す。これって最悪の事なんじゃないでしょうか?」、「武田教授だね。その発言の前後を聞いてから話そうよそうなりかねない!って話で、日本人男性は我慢するとは思うけどねって内容だから武田節で話したからな。たしかに切り取り発言だね」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20190902114045j:plain

 また、「玉川氏の捉え方はいつも偏り過ぎておかしい。韓国寄りな意見以外は歪曲してとらえ批判する。この方の存在が問題だ。TVに出すべきではない」、「玉川をテレビに出すな。間違った発言や個人の思い込みの発言を、何も知らない人が番組を見てたいら、本当にと信じてしまう人がいることをテレビ局側も認識すべき」など同局が玉川氏を起用することに反対意見もあった。