【スポンサーリンク】

竹内結子さん死去 自殺か 生前最後の「メッセージ」に大きな反響が

 女優の竹内結子さん(40)が都内の自宅で死去したことが27日、分かった。自殺の可能性もあることから、警視庁が慎重に調べている。

 

 竹内さんは今月1日に、自身がCM出演している「サッポロ一番」のイベントに出席し、自身のインスタグラムを更新していた。笑顔で写る写真と共に、「皆んな〜夏休み中も元気で過ほしてましたか?新学期に向けて前髪作りました。それでは早速、頭の体操、算数の時間だよ〜!問題です:これはサッポロ一番、一年分です。一袋が五個パック入なので、この山は何袋あるでしょうか⁉️問題に正解してもしなくても偏愛レシピを投稿してくれれば抽選であのパッケージに使われているオリジナルのラーメン丼ぶり当たります」と綴っていた。

 

 竹内さんは99年にはNHK連続テレビ小説「あすか」でヒロインに抜てきされ、02年にフジテレビ系「ランチの女王」では「月9」に初主演。03年に映画「黄泉がえり」、05年には映画「いま、会いにゆきます」に出演し、ともに日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞した。10年にはスペシャルドラマ「ストロベリーナイト」初の刑事役に挑戦。国民的人気女優だった。

 

 ネット上では、「ちょっと…どうして…?涙が出てきた。産後ウツだったのかな…。再婚されて幸せいっぱいだと思ってたのに。ムリしてたのかな…。大好きな女優さんだったのでショックが大きいです」、「さっきテレビのニュース速報で流れたけどどういうことだ?家族がいる中で起きたのか?理解が追いつかない。好きな女優さんだったのにシャーロックホームズが好きなので、彼女がこの役をやった時は本当に面白かった」など大きなショックを受けたコメントが。

f:id:imp0201:20200914170356j:plain

 また、「SNSを見る限り自殺する兆候なんてない。インスタの最後の笑顔がずっと頭の中から離れません。本当に辛い」、「インスタを読み返して涙が止まりません。サッポロ一番のイベントが最後のコメントになるなんて信じられない」などの書き込みも見られた。