【スポンサーリンク】

車内に15時間放置された姉妹が熱中症で死亡 逮捕の母親の「名前」に驚きの声が

 高松市で路上に止めた車の後部座席で女の子2人が意識不明となり、搬送先の病院で死亡が確認された事件で、 2人を前日の夜から車内に放置して死なせたとして、高松市川島東町の無職、竹内麻理亜容疑者(26)が保護責任者遺棄致死の疑いで4日午前に逮捕された。母親は黙秘しているという。

 

 メディア報道によると、竹内容疑者は2日午後9時ごろから3日午後0時40分ごろの少なくとも数時間、高松市の駐車場に止めた車の後部座席に長女の真友理ちゃん(6)と次女の友理恵ちゃん(3)を置き去りにし、熱中症の疑いで死なせた疑い。竹内容疑者が119番通報が119番通報し、2人は病院に救急搬送されたが午後2時半ごろに死亡が確認された。高松市の正午ごろの気温は36.6度だったことから、姉妹は熱中症になったとみられる。

 

 ネット上では、「どうせ数分ではないだろうなと思っていたら、まさかの15時間。夜でもめちゃ暑いのに…暑くなくても後部座席に2人で寝るのは狭くてしんどいよ。普段からこんな生活させられていたんだろうな。子供たち可哀想に…この最低すぎる母親には出来る限り重い刑で、自分のしたこと反省させてほしい」、「前日、、、言葉がでません、、、この子達は幸せになるために産まれてきたはず。新しい形の殺人です。頑張って子育てしてる両親がほとんどなのに、こういう奴らのせいで、だから若い親は、、、と言われる。まだ若いし子供産めそうなので、一生刑務所、個人的には同じ目に合わしたいです。二人がどんなに不安で悲しく苦しかったか、、、涙がでます、、、」など怒りや悲しみの声が。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 また、「歌手の竹内まりあと同じ名前だから最初耳にしてびっくりした。こんなのいい迷惑だよね」、「日本が誇るアーティストと名前を聞き間違えた…なんでこんな酷いことするんだろう。これは自己ではなく事件。殺人だよ」と逮捕された竹内容疑者の名前にも大きな反響が見られた。