【スポンサーリンク】

「大阪駅の女性飛び降り自殺」である行動を起こしたYouTuberに感動の声が殺到 

  今月4日に若い女性が大阪駅ビルから飛び降り自殺をした事件で、人気YouTuber・たっくーが決断したある行動に感動の声が殺到している。

 

 たっくーは「たっくーTVれいでぃお」で「自殺について」という動画を6日に投稿。大阪駅で起きた女性の飛び降り自殺に言及し、ネット上では①同じ人間が自殺しようとしている事態に下からスマホを向け、SNSに投稿する人、②その人たちの異常性に物申す人や、逆にそれを偽善だと批判する人、③自殺者に対して迷惑だと批判する人、④無関心な人の4種類に分けられると分析した。

 

 「(自殺した女性が)自分の身内でもないしかわいそうだと思うけど仕方がない。でも特に(ネット上で)書いたりする必要はないと思っている。部外者なんだから。その通りだと思います。僕も昨日の時点ではそうでした。(中略)。そこに関心を向けて何かを発信した時にバッシングを受けるんじゃないかとか、この件について何か自分の意見をネットに入れて何が変わるのかとか。いまいちわからずに特に発信するつもりはありませんでした」と正直な思いを吐露した。

f:id:imp0201:20190510182334j:plain

  だが、その気持ちに変化が芽生えたという。「昨日ずっと考えていて思ったんです。ここで何か話しても、自殺者を指摘しても、(自殺しようとしている人にカメラを向ける)スマホ勢を叩いても何にも意味がないなと。誰かを悪者にしたところで特に自殺問題が変わるわけでもない。でも僕はね、何かを変えたくて活動しているんですよ。(中略)。何か生きている間に一つでもいいので、何かを良くしたくて活動しているんですよ。それが僕自身が生きている理由だと思っているんです」と熱弁した。

  

 発信力のあるYouTuberだからこそできる活動。そこで考え付いたのがささいなことでも抱えている悩みに、たっくーが対応する相談窓口の設置だった。24時間いつでもDMで相談を受け付けるツイッターのアカウントを新たに開設。「誰かに話すだけで明日の活力になると思うんですよ。もしかしたら解決するかもしれない。僕で良かったいつでも聞かせてください」と呼びかけた。アカウント開設から2日間で「たっくーTV@相談垢」に8000件以上の相談が寄せられ、たっくーは相談者に1件ずつ返信しているという。

  

 この行動力にネット上では、「人気ユーチューバーが誰もこの話題に触れない中こうやって動画にできる行動力。本当に、本当に素晴らしいです」、「マジで泣きました。相談垢でも相談させていただきました。たっくーさんのおかげで毎日嫌な気持ちを少しずつ紛らわしています。これからも応援し続けます。大好きです」と称賛や感謝の声が殺到している。「感動しました。でも8000件を全部返すのは膨大な時間がかかります。責任感が強いのであまり自分を追い込まないでくださいね」と体調を心配する声も。動画の高評価数は10日午後6時現在で3万を超えた。