【スポンサーリンク】

N国・立花党首、「崎陽軒」に謝罪も…2週連続の抗議演説にネット上の反応は

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が19日夕方、マツコ・デラックス(46)が生出演したTOKYO MX「5時に夢中!」の時間帯に合わせ、同局の前で2週連続の抗議演説を行った。

 

 マツコが7月29日の同番組でN国を「気持ち悪い」「ふざけて票を入れた人も相当数」と酷評したことを発端に、立花氏が激怒して抗議活動を展開。13日の動画では「マツコ・デラックスが謝罪するまでは、大好きだった崎陽軒のシュウマイは買いません」と宣言した。今回の抗議活動でもマツコを「権力の犬」と批判するなど攻め立てたが、同番組のスポンサーである崎陽軒の不買運動を宣言したことは撤回。シウマイを手に「これからも積極的に食べます。ごめんなさい」と謝罪した。


 また、マツコに対しても、「ワンワン鳴かなくなった。これ以上はいじめになる」と個人攻撃の終了を宣言。今後は同局に政治的公平についての見解を出すよう求めるとして、納得できる対応がなければ抗議を続けることを語った。

 

   ネット上では、立花氏が選挙の際に掲げていたNHKのスクランブル放送実現から離れた行動に落胆の声が多い。「正直この人の底が見えた感じ。行動力があるのは認めるけど政治家としては薄過ぎる。本来の目的をまず目指してほしい」、「マツコも有権者。自分に対して批判的だというだけで、ワンワン鳴かなくなったとは酷い表現だと思うが。政治家として、責任を持った発言をしてほしい。そしてNHKのスクランブル放送を実現して欲しい」という意見が。

f:id:imp0201:20190810190103j:plain

 また、「ストーカーと大差ない行為。世間はこういうのを気持ち悪いという。マツコの意見はそういう感性を代弁したわけで実際正しかったではないか。こんなのが任期6年とは長過ぎる」、「この人には毎年2000万以上の歳費が6年間に渡って支給されます。初仕事は、テレビタレント攻撃とシュウマイ不買運動。国会議員の役割自体を理解しているかどうかも疑わしい。票を投じた有権者は大いに反省すべきです」と政治家としての資質に疑問符をつける書き込みも少なくなかった。