【スポンサーリンク】

「韓国なんて要らない」週刊誌特集に作家たちから批判も…ネット上は意外な反応

 小学館の週刊誌・週刊ポスト9月13日号 の韓国を扱った特集に対し、週刊ポストに寄稿したり、小学館から本を出版したりしている作家たちから抗議の声が上がっている。

 

 同誌は「韓国なんて要らない」という見出しで韓国に関する特集を掲載。「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」「厄介な隣人にサヨウナラ」など刺激的な見出しでGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した韓国側のデメリットなどについて検証している。


 この記事に、小学館と関わりのある作家たちから抗議の声が次々に批判の声を上げた。小学館から本を出版している思想家の内田樹さんは、「いいんです。俗情に阿(おもね)らないと財政的に立ち行かないという出版社なんかとは縁が切れても」とツイッターでコメント。週刊ポストで「作家たちのAtoZ」というリレーコラムを連載している深沢潮さんも自身のフェイスブックで。「記事が差別扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みすることにしました」と今後の執筆を取りやめると発表した。

f:id:imp0201:20190901123746j:plain

 ただ、「嫌韓色」が強い傾向があるヤフコメ欄を見ると、反応が変わってくる。なぜ、NOJAPAN・NOあべが良くて、日本人がこんなことを書いたり、言ったりするとヘイトスピーチになるのか。お互いさまじゃないんか」、「こういう主張もあっていいのでは。そのうえで読者が取捨選択すればいい」、「様々な意見を紙面で言える事は良い事です。その意見に反対ならば、それを同じように紙面で反論すれば良いのでは?」など週刊ポストを擁護する意見が少なくない。ヘイトスピーチと考えるか、言論の自由と捉えるか…多様な意見があるが、相手を傷つける文言は避けるべきではないだろうか。