【スポンサーリンク】

28歳の大相撲力士がコロナで死去に、「ある大きな謎」指摘の声が

 日本相撲協会は13日、大相撲の三段目力士の勝武士(本名・末武清孝さん、山梨県出身、)が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため同日死去したと発表した。28歳だった。新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。厚生労働省によると、国内で20歳代の死亡者はこれまで同省に報告されていないとしており、世間に大きな衝撃を与えている。

 

 メディアが報じた相撲協会の話によると、末武さんは4月4日ごろに発熱症状がみられたが、受け入れ先の医療機関が見つからず、同8日に都内の病院に入院。症状が悪化し、PCR検査で10日に陽性が判明した。その後も入院して治療を受けていた。

 

 ネット上では「とうとう大相撲の若い力士がコロナの犠牲になってしまいました。肥満傾向の力士には高血圧、糖尿病などの基礎疾患を抱えた人が多いと聞いています。夏場所の中止が既に決定していますが他の力士もくれぐれも感染しないように注意して下さい。亡くなられた勝武士さんの御冥福を御祈りします」、「初っ切りもやってた明るい力士でしたよね。この記事を見てショックで言葉も出ませんでした。高田川部屋のみなさんもお辛いと思います。まだ若い命が奪われるなんてコロナはやっぱり恐ろしい。ご冥福をお祈りします」など追悼のコメントが。

f:id:imp0201:20200513141044j:plain

 また、「力士が高血圧がどうとか、そういうことではない。受け入れ先が見つからずに重症化したのは大問題なのでは?そして最悪の結果を招いた。時期も4月、病床も余裕があったはずなのに。これが差別や区別で起こったのなら許される訳がない。詳細を求む」という指摘も見られた。