【スポンサーリンク】

中大に退学処分志願した翌日、「退学99.9%ない」と豪語。躁鬱を心配する声が 

 在籍する中央大学から懲戒処分を受けた現役大学生YouTuber・ステハゲが4日に動画を投稿。「常識的に考えて僕が退学処分になることは99.9%ない」と豪語した動画を投稿した。

 

 動画内では中大から懲戒処分を通告する簡易書留がステハゲの親宛にも届いたことを公開。3日の動画では「有無を言わさず退学処分にしていただいて構いません。というか、むしろ今までその僕がやってきた行為に良く黙認して頂けていたなと。感謝の気持ちというか申し訳ない気持ちが強い」と語っていたが、一夜明けて態度が一転。「昨日の動画で退学処分にしてくださいって言ったけど、常識的に考えて僕が退学処分になることは99.9%ない。これは断言できます。中央大学のことを隅々まで知り尽くしている僕が言うんだから間違いない」と豪語した。さらに、「僕が事情聴取に行く、行かないとか、反省の意を見せる、見せないとか一切関係ない。何をしようが退学はない。こんなので退学になったら日本がひっくり返る。日本沈没するよ。世界がひっくり返りますよ。ドナルド・トランプも大驚きだよ。こんなので退学になったら日本中の学生たちが暴動を起こすから。いって停学、数か月とか。(中略)どうせ注意、訓告で終わると思うよ」と自信の表情だった。

 

 また、これからの人生について家族と3、4時間話し合ったことを明かし、「どんな形になろうとも大学は絶対卒業します。一番は中央大学を卒業できれば理想的だけど、仮に卒業できなかったとしても他の大学に編入したりとか、留年してでもどこかしらの大学を卒業するつもり」と将来の方向性が一致したという。

 

 ステハゲは1日に「中央大学から懲戒処分を通告されました」というタイトルの動画を公開。中央大学商学部学生懲戒委員会から「懲戒処分に関する事情聴取について」という書類が届き、事情聴取のため学校への呼び出しを求める内容だった。懲戒処分の原因となる事実として、1つ目は第3者から肖像権の侵害から苦情が寄せられたこと、2つ目は、「女性1名に対する人格の尊厳を害する発言」と綴られていた。4月30日に投稿した動画内で、佳子さまに対する発言が問題視されたとみられる。

f:id:imp0201:20190605015740j:plain

 前日の泣きそうな表情で退学処分を望む動画から一転し、V字開脚で奇声を発するなどハイテンションで話す姿に、視聴者からは「テンションの差が激しすぎる。ネタとかじゃなく、躁鬱なんじゃないの??」、「テンションの浮き沈みが激しすぎて段々笑えなくなってきた」と心配の声が。「居るだけで中央大学にとってマイナスなのになぜ停学だと思った。99%退学だから心配しなくていいよ。どれだけ中央大学が損害を被ったか考えてから発言しな」という手厳しい意見もあった。