【スポンサーリンク】

両親が借金苦…FXやめない息子に殺害を依頼 両親殺害した息子の判決に疑問の声

 昨年1月に埼玉県毛呂山町の自宅で両親の承諾を得て殺害したとして承諾殺人の罪に問われた無職 佐々木光夫被告(47)の判決公判が20日にさいたま地裁で開かれた。北村和裁判長は「父母の嘱託を受けて殺害した」とした上で、「犯行は被告の身勝手かつ無反省な借金に起因する」として懲役6年を言い渡した。
 

 判決によると、佐々木被告は昨年1月31日午後9時ごろ、父・茂夫さん(74)と母・由紀子さん(74)の嘱託を受け、自宅で首にタオルを巻いて絞め付け殺害した。

 

 北村裁判長は、「被害者らは被告の多額な借金の返済資金を捻出し、協力してきたが、被告が外国為替証拠金取引などをやめず、生活費もままならなくなったため、人生を悲観して殺害を嘱託した」と指摘。「借金の尻拭いのために死を決意せざるを得ない状況に追い込まれており、被告は厳しい非難を免れない」と判決理由を述べた。検察側は懲役7年を求刑し、弁護側は、負債は家族全体の問題であるという主張で執行猶予付きの判決を求めていた。

 

 この判決に、ネット上では「刑が軽すぎる」と疑問視するコメントが多い。「死刑でしょ。二人も殺しているんだし。理由が息子でしょ?ご両親も病んでしまわれたんだね。借金がなかったら死ななかったわけだし。刑が軽すぎる」、「この国は今後どのような路を目指すのか? 両親を殺害して嘱託殺人? 死人に口無し 全くもって・・・たった6年 正義は何処」など憤りのコメントが。

f:id:imp0201:20190621173809j:plain

 承諾殺人罪は刑法202条で「6ヵ月以上7年以下の懲役または禁錮に処する」と定められている。この法律を踏まえた上で、「このような判決がでると言うことは、承諾殺人という明確な証拠(両親の依頼書?)があったということしか考えられない。検察はこの罪状の最高刑を求刑しているのでまだ良識があったようだ。裁判所の1年減刑の主旨を知りたい。しかし、釈然としない判決なので、刑法を改正して情状酌量に対する情状加刑も設けてもよいと思うようになった」など刑法改正を求める意見も少なくなかった。