【スポンサーリンク】

父親がコロナ感染した「ある女優」のコメントに、批判の声が

 女優・すみれが20日、自身のインスタグラムを更新し、父親で俳優の石田純一が新型コロナウイルスに感染したことを受けて綴った文章が大きな反響を呼んでいる。

 

 すみれは、石田が妻のプロゴルファー・東尾理子との間にもうけた娘を抱く写真を添え。「たくさんのご心配や応援のメッセージをありがとうございます」とコメント。「父がコロナに感染してしまったこと、驚きと不安、悲しみと心配でいっぱいです。今回のことで、私自身あらためて、新型コロナウィルスはすぐそこにいる、ということを深く実感しました」と心境を明かした。

 

 また、「今、コロナでつらい思いをしているみんなが絶対に元気になりますように。今は苦しくても、みんなが希望や笑顔を失うことなく、毎日を過ごせますように」と思いを込め、「今、ウィルスと一生懸命戦ってくださっている、医療関係の皆さま、私たちの生活が困らないよう頑張ってくださっている、スーパーやドラッグストア、交通、宅配の皆さまなど、本当にありがとうございます。皆さまに心から感謝しています」と綴った。そして、「私もstayhomeしながら、今の自分にできることを考えて過ごしたいと思います。みんなで力を合わせて戦うことで、1日も早くウィルスに勝てる日が来ることを、そして、みんなの幸せな日々が戻ってくることを願っています」と祈った。

 

 すみれの文章にネット上では、「一言でいいから、父親の軽率な行動への謝罪の言葉を入れておけば…もちろん、すみれさんが謝る事では無いのですが、コメントを発信する以上は、必要だったと思います」、「いやいや、驚きなのは軽率で無責任なアクティブおじさんが、わざわざ沖縄まで行ってゴルフした後、飛行機に乗って帰ってきたこと。そして、不安と悲しみでいっぱいなのは、沖縄の方々と飛行機に乗り合わせてしまった乗客の方は関係者の方達。自分達のことしか考えられないのは、やはり血筋なのでしょうか?」など苦言や批判の声が。

f:id:imp0201:20200409162454j:plain

 一方で、「すみれを責めるのはやめよう。あまりにも殺伐としている。言葉足らずな部分はあるけど申し訳ないと思っているはず。こうやってネットで叩くことに慣れてしまっている世の中の風潮が怖い」という指摘も見られた。