【スポンサーリンク】

元国会議員が明かした安倍首相が「昭恵夫人を怒れない理由」に、怒りの声が殺到

 TBS系情報・ワイドショー番組「サンデー・ジャポン」は29日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府や各自治体が集団での食事会の自粛や、不要不急の外出自粛を呼び掛ける中、安倍首相の妻・昭恵首相夫人が私的な「桜を見る会」を開いていた問題について特集した。

 

 この一件は週刊ポストの報道で明らかになり、27日に国会でこの写真について問われた安倍首相は都内のレストランで知人と会合を持った際に敷地内で撮影した旨を釈明。都が自粛を求めている公園での花見には当たらないことを強調し、昭恵夫人を擁護したことも火に油を注いでいる。

 

 番組内で、フリーアナウンサーの田中みな実が「今回のケースは全く擁護できない」と安倍首相の発言に苦言を呈すと、元国会議員のタレント・杉村太蔵は「これ、安倍さんの何がすごいって、本当に昭恵さんを愛しているみたいなんですよ。1回も今まで怒ったことないんですって。とにかく私が知る限りで、これほどラブラブな夫婦っていうのも極めて珍しい」と安倍夫妻の親密ぶりを明かした。

f:id:imp0201:20200323193001j:plain

 ネット上では、「愛している=怒らないは全くもって理解できない。愛していたって怒ることはある。というか、怒るべき時は怒るのが当然」、「本当に夫婦愛があったとしても、これっぽっちも羨ましく思えない夫婦関係。夫婦愛があるのは結構ですが、だからといって権力使って好き勝手していいわけではない」などの書き込みが。また、「たとえ愛する人でも、公に特別扱いをしないのが責任ある立場であるはずだ。そこを守れないならば、総理大臣を辞するべきだと思う。国会議員も辞するべきだ」、「夫婦に愛があるかなんてどうでもいい。どっちも似たもの同士で。底抜けにアホだってことだ。そのために生命を削る人や路頭に迷う人がたくさんいることに本人たちは関心がもてないことが致命的。本当に辞めてほしい」と安倍首相の退陣を望むコメントが目立った。