【スポンサーリンク】

不良品マスク報道を否定した「ある閣僚」の発言に、批判の声が殺到 

 菅義偉官房長官が22日の記者会見で、政府が全世帯へ郵送するため調達した布マスクの一部に汚れや虫の混入などが発見されていたというメディアの一部報道について、「生産流通の過程において一定程度の不良品が生じることはあるが、実際の配布を行う前段階で適切に除外されている」と述べ、問題はないとの考えを示した。菅氏はマスクを納品したメーカーに対し、厚生労働省が検品体制の確認・強化を要請したという。 

 

 菅氏のこの発言に、ネット上では「適切に除外したものが届くのはなぜでしょうか?衛生商品なのに虫、髪、カビなんてありえません。普通なら全品回収が妥当です。民間の会社が売り物でこんな事をやったら許されないのに、政府の配布品だと許されるのでしょうか?とてもではないが届いても使えません。税金を何だと思っているのでしょうか?この政府の常識は国民の常識からかけ離れて増れており、即時に全員退陣すべきです」、「菅さん、最低ですね。こんな反論していたら国民の誰からも信頼されないよ。もっと、謙虚さを持たないと駄目。今回のマスクの発注者は政府でしょ。製品に対して、全責任が国民に対してあるんです。日本に於いて、清潔が当たり前のマスクに汚れとか黄ばみ・髪の毛なんて絶対に駄目。そんな業者は普通に淘汰されるのが世の中なんですよ。有り得ないんです。民間企業では、コンプレに対して、反論する企業・人はいないんですよ。相手の言い分をよく聞いて、悪ければ心から謝罪して、怒らせることなんか絶対に無いんですよ。今回のコロナに於いて、今の日本のシステムの良く無い部分をちゃんと改革していくことが必要です。国会議員の在り方、業界団体の在り方等、既得権を守るのではなく有るべき姿に替えていかなくては。今回の政府も当然淘汰されるべき」など批判のコメントが殺到した。

f:id:imp0201:20200324173916j:plain

 また、「3社(社名公表)+1社(非公表)。どの経路からのに不良品が入っているのかぐらいは把握しているのかな?特定しているのならそこのマスクはもう配布しないで残りにやらせるべき。全社にまんべんなく不良品が入っているとすると一度全部ストップして、全生産ラインのチェックやるか。もうマスク配布は断念するしかない」という意見も見られた。