【スポンサーリンク】

「桜を見る会」菅氏のある発言に、「もう安倍政権は無理」の声が

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、安倍首相主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していたという指摘について、「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と述べた発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 ネット上では、「もう言い逃れは出来ないよな。後援会が招待したにしても安倍晋三という名前で呼んでいるのだから間接的でも関与ということ。とんでもない人間と関わっていたな。どうでもいい話ではなくなった、まずこの事を片付けないといけない」、「芸能人含め一般人は許されなくてペナルティもあるのに政治家は『把握はしてないけど、入っていたのだろう』で許されるの?政治家こそ一般人より重いペナルティを受けるべきだし、自らペナルティを科すべき」、「税金を使って間接的にでも反社を接待していたとなると大問題だろうな。名簿を破棄したのはもしかしてこれが明らかになるのが怖かったのではないのか。結果的に反社の侵入が写真や映像に残っているのだから逃れられないのにね」など批判の書き込みが殺到した。

f:id:imp0201:20191126183822j:plain

 また、「もう安倍政権は無理です。税金を使って反社を呼んでいたなら一発アウト」、「政権が倒れてもいい事案だと思いますが。芸人が反社会的勢力たち関わりがあったときには騒ぐくせに、国家の統治機関が主催する会に反社会的勢力たちの関わりがあったときには何故マスコミは声を上げないのですか?また、何故日本国民は平然としているのですか?日本国も腐りに腐ってますね」など安倍政権の責任を糾弾する主張が目立つ中、別の見方も。「もう安倍さんに嫌悪感しかないんだけど、では代わりの政権があるかと言ったらないのが現実。野党がだらしなさ過ぎる」という指摘が少なくなかった。