【スポンサーリンク】

菅首相は日中韓会談不参加?「韓国に対するある要望」に中国で大きな反響が

 菅義偉首相は元徴用工問題に関する日本の要求が受け入れられない場合、韓国で開かれる予定である日中韓首脳会談に参加しない旨を明らかにしたと毎日新聞が13日の紙面で報じた。

 

 同紙によると、日本政府は元徴用工訴訟で敗訴した日本企業の韓国内の資産が売却されないよう、韓国政府が保障することを要求している。韓国が日本の要求を受け入れる可能性が低いため、日中韓首脳会談が年内に開催できないとみられる、同紙は「日本国内では保守層を中心に、歴史認識問題に関して韓国に対する反発が強くなっている。日本政府はこのような世論の動向をもとに、強硬な姿勢をみせる必要があると判断したものとみられる」と指摘した。

 

 ネット上では「こんな至極当然な決断を下せる総理って過去にいませんでしたよね……菅さんの信念は強靭ですね。二階さんすらスルー出来る豪胆さもすごい」、「菅さんは世襲とは違い無派閥で叩き上げなので失うものが無いのでしょう。今までの歴代総理大臣はおよび腰だったことを、着実に実行しようとしています。是非とも信念を曲げずにやってもらいたい。隣国に配慮する必要はありません」など菅首相の姿勢を評価する声が。

f:id:imp0201:20200917063236j:plain

 また、中国のネットユーザーからも「安倍元首相以上に菅首相は韓国に対して強硬姿勢だな。3か国で会談は開催されないだろう。日中で会談をセッティングした方が早いのではないか」という意見が見られた。