【スポンサーリンク】

文大統領と初会談した菅首相の「ある発言」に、不満の声が

 菅義偉首相が24日、韓国の文在寅大統領と就任後初めての電話会談を行い、非常に厳しい状況にある日韓関係をこのまま放置してはならない」と述べた。

 

 日韓首脳会談は昨年12月に中国で開かれた韓日中首脳会談を機に文大統領が安倍晋三前首相と行った会談以来、約9カ月ぶり。メディア報道によると、会談は約20分間行われ、菅首相は会談後、「文大統領から総理大臣就任への祝意があり、私からは新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の問題をはじめ、様々な課題に、共に取り組んでいこうという話をした」と記者団に述べた。そして、「日韓両国はお互いにとって極めて重要な隣国であり、北朝鮮問題をはじめ、日韓、日米韓の連携は重要だ」とした上で、「文大統領に旧朝鮮半島出身労働者(「強制徴用被害者」に対する日本政府の表現)の問題をはじめとして、現在、非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはいけない旨を伝えた」と述べた。

 

 菅首相は、強制徴用賠償判決に関して「韓国が国際法に違反した」という趣旨の言及をしたかについて言及しなかったが、「きょうの会談も踏まえ、様々な問題に関するわが国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と述べ、従来の立場に変わりがないこと強調した。

f:id:imp0201:20200917063236j:plain

 ネット上では「今のままで良い訳は無いわな。どちらにせよまともに取り合う事は無くて良いと思う。反日感情でしか物事を判断出来ないんだからまともに相手をするだけ時間と労力の無駄」という意見がある一方で。別の見方も。「甘い、甘すぎる。もっと厳しい態度でやらんと、奴らは反省せず、同じことをやらかすぞ。菅ちゃん、甘すぎて舐められんようにね」、「もっとはっきり言って欲しい。現状の日韓関係悪化の原因は、100%そちらの行いが原因であり、そちらが対応を改めない限りは改善などあり得ないと。国際条約を守るのが当然であり、韓国の裁判所や国民感情がどうであろうと日本国には一切関係ない。出来ないなら制裁だ。くらいのことを一方的に言って電話切るくらいでちょうど良い」などのコメントも見られた。