【スポンサーリンク】

次期首相最有力の菅官房長官の「ある発言」に、韓国で反発の声が殺到

 韓国メディア・聯合ニュースが、次期首相最有力候補の菅義偉官房長官について、「首相になる人が言った“安重根は犯罪者”」などという見出しで、菅官房長官の過去の言動について報じた記事が大きな反響を呼んでいる、

 

 聯合ニュースは、菅官房長官が「伊藤博文を暗殺した安重根はテロリストだ」と主張してきたことを紹介。安重根は日本の初代内閣総理大臣で、初代韓国統監である伊藤博文を暗殺した人物で韓国では英雄視している。韓国のネットユーザーからは菅官房長官の過去のこの発言を問題視する書き込みが多く、「安倍首相以上に韓国に対して敵意を持っている。日韓関係の改善は望めない」、「間違った歴史認識をふりかざして腹が立つ。安倍路線を継承するだろうから両国の関係が好転する可能性は低いだろう」など批判の声が殺到した。

f:id:imp0201:20200601105413j:plain

 一方で日本国内では、「日本の重要人物を暗殺したんだからテロリストで当たり前。三人逮捕されてるはずだが共犯の二人は懲役1〜2年だけだったはず。キチンと公平に裁いていると思いますし問題ないかと。暗殺者を英雄扱いしてる方がおかしいって」、「えっ、菅さんが言ったことに間違いはありますか?全てその通りですよ。歴史を遡って調べてみたら一目瞭然。調べれば調べるほど腹が立ちます。韓国には媚びず寄らず、思いっきり突き放した対応をしていきましょう」など菅官房長官の主張を支持する意見が大半だった。