【スポンサーリンク】

「安倍首相の懐刀」が総裁選出馬報道に、「次の選挙で大敗する」の声が

 安倍晋三首相の辞任表明を受け、菅義偉官房長官が自民党総裁選に出馬する意向を二階幹事長ら政権幹部に伝えたとメディアで報じられ、大きな反響を呼んでいる。

 

 各メディア報道によると、菅官房長官は29日に都内で二階幹事長ら政権幹部と極秘に会談し、出馬の意向を伝えた。二階幹事長は菅官房長官を応援する姿勢を示したということです。

 

 ネット上では、「60代の首相の後継者が70代というのも賛同できない。そもそも最近の政府の迷走の責任は官房長官も免れない。それどころかGO TO強行などはこの人の責任である。支持できない。河野氏への若返りができなければ次期選挙では大敗するだろう」、「福田康夫の二の舞になるのは目に見えている。堅実な仕事ぶりを評価されて総理になったものの鉄仮面みたいな表情から人気が出ず支持率伸び悩み、選挙に打って出れず辞任。の路線。しかも衆議院議員の任期があと一年あると言うが追い込まれて低迷期に選挙するよりも支持率高いときに早期に解散するはず。だからリリーフではなく、選挙の顔を選ぶ総裁選。菅さんでは勝てない。だってこの人も説明責任を果たしてない人の一人だから。支持率30%台の内閣の官房長官だった人よ?外交も経済も未知数だしね。党三役が適任。二階が幹事長職に留まりたいから担いでいるだけよ」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200603194655j:plain

 一方で、「とても自然な流れだと思います。ポスト安倍ではなく、安倍首相の政策を引き継ぐべきで、そのためには菅さんが適任かと。1年の時限内閣になると思いますが、1年後に再度本当のポスト安倍を決めれば良いと思います。個人的には河野太郎氏にやってもらいたいです」、「今回は緊急で約1年間の任期という点でポスト安倍を争点とするより安倍政権を継続させる点を優先するのはある意味自然で、そういう意味では一番の適任者。また、個人的には嫌いだがキングメーカー二階が応援するという事はほぼ菅さんで決まりでしょうな」という意見も見られた。