【スポンサーリンク】

ベルリンの韓国慰安婦像撤去指示で、文大統領の「ある対応」に怒りの声が

 在ドイツの韓国系市民団体がベルリン市中心部ミッテ区に設置した従軍慰安婦を象徴する少女像について、同区は設置許可を取り消し、14日までに撤去するよう同協会に指示したことを発表した。

 

 メディア報道によると、区は声明の中で、像が設置承認の過程では「戦時中の性暴力に反対の意思を示すもの」と捉えられていたと説明。しかし実際は「第2次大戦中の日本軍のみが対象」だったため、日本やベルリンで「いら立ちを招いた」と指摘した。フォンダッセル区長は「政治的、歴史的に複雑な2国間対立をドイツで扱うのは不適切だ」と見解を示した。

f:id:imp0201:20200929200958j:plain

 この対応を受け、文大統領や韓国政府は表立った抗議をしていない。菅政権となり、日韓関係の改善に動いているところで介入するのは得策でないと考えたのかもしれない。韓国のネットユーザーからは「情けない。自国の国民の痛みを共有できない人間が大統領を名乗る資格はない」、「なぜ抗議をしない?日本に屈したことを意味する。菅首相も安倍政権の考えを踏襲している。強硬な態度を崩すべきではないのに」など怒りや批判的なコメントが目立った。