【スポンサーリンク】

ソウル大生が選ぶ「最悪の大統領」に、「この結果は本当?」と驚きの声が

 韓国紙・朝鮮日報の報道によると、ソウル大の学生、教職員を対象にした「文民政権以降歴代最悪の大統領」のオンライン投票で、文在寅大統領が序盤で1位を記録した。

 

 同紙によると、今月19日にソウル大のオンラインコミュニティー「スヌライフ」で、「文民政権以降歴代最悪の大統領投票」というタイトルの掲示物がアップされた。書き込んだ人物は、「文民政権になって以降およそ30年間の各大統領についての投票はなかったようなので、今回やってみようと思う」として、「軍部出身ではない一般国民が大統領になる文民政権以降を基準に投票を進めることは意味がある」と綴った。

 

 スヌライフは、ソウル大学の在校生と卒業生、教職員だけが認証を受けて加入できるコミュニティー。1カ月間行われる投票には、2日目となる20日午後9時30分現在で677人が参加。文大統領が87%を占める592票で断トツ1位。2位は63票(9%)が投じられた朴槿恵前大統領、3位以降は盧武鉉元大統領が14票、金大中元大統領が5票、李明博元大統領が2票という順位だった。この結果に、ツイッター上では「左派が多いインテリ層からも文在寅大統領は見放されつつあるのだろうか?」、「この結果は本当?違う世論調査の結果と全然違うんだけど」などの反響が。

f:id:imp0201:20191210112449j:plain

 韓国世論調査専門機関「リアルメーター」がtbsの依頼で23、24日の2日間で全国19歳以上の1505人を対象に実施した集計結果で、文大統領の国政遂行支持率が1週間前に比べて0.7ポイントアップの48.3%を記録。前回の12月第3週の調査では否定評価が肯定評価を上回っていたが、再び肯定評価が上回る結果になった。ソウル大のオンライン投票では文大統領の評価が非常に低いため、戸惑いを隠せない見方もあった。