【スポンサーリンク】

なぜ?反町隆史が体調崩した女性を救護も、「美談が台無し」と非難殺到の理由とは

 俳優、反町隆史(45)が体調不良のため路上で動けなくなっていた女性(25)を救護していたことが、13日のフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」で報じられた。

 

 同番組によると、反町ら男性3人は9日夕方、京浜急行電鉄の大鳥居駅で帰宅途中に高熱と手足のしびれを覚えてしゃがみ込んでいた女性を自宅に送り、救急車を呼んだという。反町は救急隊が到着した際、名前を名乗らずにその場を立ち去っていた。反町の所属事務所は救護した事実を認めているという。

 

 女性は当時助けてくれた1人が反町であることに気づかず、後日知ったという。反町を含めた男性3人の人間性が称賛される話なのだが、この女性が自身のツイッターで11日に書き込んだ内容が思わぬ波紋を呼んでいる。「ちょっと待って、こないだ私が倒れた時に家まで送ってくれた3人の男の人の一人…反町隆史だった」、「私反町隆史に家まで買い物袋持たせて送って貰って救急車呼んで貰ったわ。いい人過ぎかよ。。ファンになった」と綴った。その後に「呼び捨てしてしまった。申し訳ございません。反町隆史さんありがとうございました」と感謝を口にした。

f:id:imp0201:20190514111134j:plain

 このツイートに、ネット上では「反町さんの行動は本当に素晴らしい︎紳士的で誠実。
でも助けて頂けた女性のツイートの下品さにこの美談が台無しに思えました。反町さんだろうが、誰であろうが、こんなに素敵に助けて頂いたんだから心からの感謝の言葉だけで良かったと思いますよ」、「まだ若いし、うれしいと思うから仕方ないが命を助けてもらったのだから、もっと丁寧にお礼をいうべきだと思う。反町さんに対しても失礼」と非難の書き込みが殺到した。

 

 一方で、「つぶやき方ひとつでこんなにたたかれるのが分からん。べつにTwitterでのつぶやきくらいいいだろw目の前にしてそう言ってるわけでもないしましてや感謝してないわけじゃないんだからさw」と女性を擁護する声も。「反町さんはこの女性が批判されることを望んでいないだろうし、この件でツイッターに触れるはもうやめとこうよ」となだめる意見もあった。