【スポンサーリンク】

コロナ感染でアビガン治療した「あるタレント」の発言に、大きな反響が

 グラビアアイドルでタレントのソラ豆琴美が14日、自身のツイッターで新型コロナウイルスへの感染を公表し、病状や治療についてなどを詳細に報告した内容が大きな反響を呼んでいる。

 

 ソラ豆は現在入院中で、症状については、自身は「軽度の感染者」であると明記した。その上で、「とにかく苦しいです。悪化するとまともに食事もできず、起き上がることもやっと、息を吸うのもやっとでずっと微熱だったのが最終的に39度までなりました。咳も止まらず痰(たん)がひたすら出てきて息が止まって飛び起きます。ずっと胸が苦しい状態。味も匂いもずっとしません」と体調が辛いことを告白。さらに「隔離されていて、本当に誰とも会うことができません。もちろん、面会なんかできません。最終的に動けなくなってどんなにしんどくても身の回りの事を自分でやらなければなりません。動けないっていうのは【トイレにも行けない】【ご飯を食べれない】【水も飲めない】【お風呂にも入れない】【寝返りもうてない】【しゃべれない】【着替えもできない】【歯も磨けない】んです。そんなんアイドルとして死ぬかと思った!ずっと汗だくでパジャマとシーツを濡らしながら暑い、寒いを繰り返しました。これが“軽度のコロナ感染者”の症状です。だからこそみんなに伝えたいです」と訴えた。

 

 そして、アビガン治療を始めたことも告白。「入院初日に適応外治療をするか聞かれましたが断りました。症状は軽いしすぐ治って出られるだろうと思っていたし、いくらかかるかも怖かったので…」と回顧。「(その後)症状が悪化してしまい、いよいよ死ぬかも!?と思いアビガン治療を決意しました」と報告。それでも「アビガンの副作用は奇形児が産まれる可能性があるとのことで、女性には特にとても安全とは言えません」とも。それでも、治療を開始し、「昨晩から飲み始めて早速効果があるように感じました。高熱が微熱になって、全くわからなかった味がほんの少し、味の雰囲気がわかるようになり、匂いも全くなかったのがほんのりわかりかけた気がします。咳の量も減って、痰(たん)もかなり減りました。まだ1日目なので劇的な変化ではないけど明らかにいい感じ!」と改善していることを明かした。「もし、今苦しんでいる方がいたら知ってほしい。可能性を実感してもらえたら、と思いました。私の場合ですが、体調不良の過程をa→b→c→dって悪くなっていったとすると、アビガンを飲んでからd→c→b→aと順を追って通ってきた症状をもう一度体験しながら治って行ってるのを実感します。とはいっても完治したわけではないですが…今『これはしょっぱいかも?』とわかるとこまで戻ってきました」と記した。

f:id:imp0201:20200323105711j:plain

 ネット上では、「めちゃくちゃ知りたかった情報です。実名告白してくれてありがとう。苦しいだろうけど頑張ってください。アビガンの可能性、本当に為になりました」、「これ超貴重。これがすべてだと思っちゃいけないけど、症状の辛さがリアルに伝わってくる。外出が自制できない人たちに是非読んでほしい。でもアビガンのことは注意して扱わないと」、「アビガンの効き目、気になっていたので報告あってありがたいです。出産を考えている女性にはリスクがありますが、アビガンが有効ならば、どうにか経済力まわしながら、医療崩壊をふせぎながら、ワクチンできるまでがんばれるんじゃないでしょうか。すこし光が見えてきた気がします」など自身の症状やアビガンを服用しての効果を詳細につづったソラ豆に感謝のコメントが多く寄せられた。