【スポンサーリンク】

産経新聞が報じた創価学会・池田名誉会長の報道に、「ある疑問」の声が

 創価学会の池田大作名誉会長が26日、「人類共生の時代へ 建設の鼓動」と題する平和提言を発表すると産経新聞が報じた。同紙によると、異常気象や海面上昇で深刻化する被害を受け、国際的連携を提言。国連と世界中の市民が連携し、問題に立ち向かうよう呼び掛けた。一方、日本の主導による核兵器禁止条約の早期発効や核軍縮の実現、紛争などで教育の機会を失った幼い世代への支援強化も打ち出した。

f:id:imp0201:20200115101842j:plain

 ネット上では、「本当に健在なのでしょうか?これだけ公の前に姿を現さないから疑問ですね」、「それもいいけど、いい加減に全国827万世帯の信者に元気な姿を魅せるのが一番なのでは?と自分は信者ではないけど、そういう想いでいっぱいいっぱいです!」などの書き込みが。また、産経新聞が池田名誉会長の動向を伝えたことに、「聖教新聞かと思った。産経って今後はそういう方向で行くんですか?」、「YAHOO!は、聖教新聞の記事まで載せるようになったのかと思ったら、産経だった」など驚きの感想が多かった。