【スポンサーリンク】

女性監禁して暴行 崖下に突き落とす 犯行に及んだ16歳少年の実名報道求める声が

 大手メディアの報道によると、県警捜査1課、少年捜査課、飯能署は17日までにいずれも建設作業員の福岡県みやこ町徳永、男(24)、福岡県築上町水原の男(20)、同町の少年(16)をわいせつ略取、監禁、強盗強制性交等の疑いで逮捕し、送検した。

 

 調べによると3人は、5日午後11時20分ごろから6日午前0時20分ごろまでの間、埼玉県飯能市内の路上で帰宅途中の20代女性を仕事で使用していたレンタカーに監禁。身体を触るなどの暴行を加え、現金約1万円などが入った財布やバッグなど31点(計約4万円相当)を奪った疑い。女性は河川敷で解放された際に約4メートルの崖下に突き落とされ、頭頂部挫創など全治2か月の大けがを負った。3人の容疑者は福岡県の土木会社の同僚。5月末ごろから仕事で飯能市内に来ていたという。

 

 女性が解放された後に泣き声を聞いた付近住民の男性が110番。防犯カメラの精査などから24歳男らの関与が浮上した。3人のうち16歳少年は福岡県に戻っていたという。

 

 残忍で人の心を持っているとは思えない非道な犯行に、ネット上では怒りの書き込みが殺到した。特に、「実名だせよ。被害者の名前出して加害者の名前を出さないことがよくあるけど、逆だろ普通に」、「こんなにひどい事件なのに名前も顔も出ないことがおかしい。極刑を望みます、こんな事件に巻き込まれたらと想像するだけで恐怖を感じます」など実名報道を求める声が多い。

f:id:imp0201:20190602190037j:plain

 16歳の少年も例外ではない。少年法61条で未成熟の少年を保護し、将来の更生を可能にするために実名報道が禁じられているが、「未成年だろうと凶悪犯罪については実名顔写真で提示すべきだと思います」、「性犯罪は年齢に関係なく顔写真と実名を報道すべき。更生のために…という意見も内容によっては理解はできるが、性犯罪の場合、その重みを軽視した発言に感じられる」など凶悪犯罪、性犯罪に及んだ未成年は実名で報道するべきという主張が目立った。