【スポンサーリンク】

人気ドラマ・半沢直樹で好演の「ある女優」が31歳で死去に、驚きの声が

  女優の階戸瑠李さんが持病により28日に31歳の若さで亡くなった。所属事務所が31日に公式サイトで発表した。病名や死因は公表しない。階戸さんは16日に放送されたTBSドラマ「半沢直樹」にも出演し、好演で話題になっていた。

 

 所属事務所は公式サイトで「持病により急逝いたしました。弊社といたしましても、あまりにも突然の訃報に接し現実を受け入れ難く、とても残念でなりません」と記した。葬儀、告別式は、遺族の意向で親族のみで執り行う。階戸さんは女優業を中心に活動。16日放送のTBS系ドラマ「半沢直樹」に出演し、主人公の半沢を陥れる丸岡商工のやるきのない会社員・北川役で注目を集めていた。27日まで精力的にツイッター、SNSを更新。29日に映画「東京の恋人」の舞台挨拶に出演予定だったが、当日になって、同作の公式ツイッターで「本日、リモート舞台挨拶で出演予定の階戸瑠季さんは都合により参加出来なくなりました。ご了承ください」と告知されていた。

f:id:imp0201:20200812171008j:plain

 ネット上では「えっ!あの愛人みたいな社員を演じた女優さんですよね。ワンシーンだけど凄い印象に残っています。半沢でインパクトを与えてこれから大ブレイクする事もあったでしょうに。持病ですか。心臓とかでしょうかね。まだお若いのに。本当に残念です」、「これはショックですね…半沢直樹であのやる気のない事務員として出演はわずかだったにもかかわらず強烈な印象が残ったので、また楽しみな女優さんが増えたなと思った矢先の訃報に言葉もありません。心よりお悔やみ申し上げます」など突然の訃報に驚きの声が多かった。