【スポンサーリンク】

韓国の「安倍首相謝罪像」 日本の「ある政治家」発言に批判の声が殺到

 共産党の志位和夫委員長は23日の記者会見で、韓国北東部の「韓国自生植物園」が慰安婦像にひざまずき謝罪する安倍晋三首相を模した像を設置したことに対し、「韓国政府としての行動ではないと認識している。コメントしない」と発言したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 複数の韓国メディアの報道によると、像は「永遠の贖罪」と題され8月に一般公開される予定となっている。志位委員長の発言にネット上では、「コメントがないってのはいくら何でも酷くないかね?政治家を標榜するなら肯定否定問わず、自らの考え方を発信すべきではなかろうか。野党は安倍政権打倒を叫ぶのもいいが、先ずは日本の国益に叶うかどうかを基軸に発信して、結果、国民の支持から時の政権を打倒するべき。その『言葉』を失ってしまった党にはもはや信頼なんてあるわけない」、「様々な意見を述べて、国を良くしていくべきなのに、コメントもしない政党に政治をして欲しいと思わない。良いことを言うな、と思ったこともあったが、今後一切、共産党の意見には絶対に耳を傾けることはない。日本の政党とは思わない」と批判の声が殺到。

f:id:imp0201:20200531104011j:plain

 また、「共産のコメントはどうでもよいが、自民の日韓議連の議員どもはこんな時こそツテを使って韓国政府に不満の表明と撤去を強く要請すべきではないのか?以前から河村をはじめとする日韓議連は韓国に対して何の役に立たないとは思っていたが、ここまで使えないとは」という指摘も見られた。