【スポンサーリンク】

コロナ感染の女子高生 ネット上で出回る「ある書き込み」に自制求める声が

 島根県松江市は11日未明、市内で新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも9日に感染を確認した同市在住の女子高校生がアルバイトで働いていた飲食店に客として訪れていたという。島根県内の感染者は、女子高生、生徒の母親と合わせて計6人となった。

 

 同市によると、飲食店は市内の「BUZZ」。新たに感染が判明した4人はいずれも市内在住で、20代男性、20代女性、30代男性、40代男性だった。4人とも感染症指定医療機関に入院する予定。市は3月半ば以降にBUZZを利用し、発熱などの症状がある人は保健所に相談するように求めた。これまでに常連客と従業員の計21人のPCR検査し、16人は陰性だった。11日に9人を検査する。

 

 女子高校生は4月9日に県内で初めて感染が確認された。3月19日に鼻水と喉の痛みの症状が出て、22日に発熱。市内の医療機関での3回の受診を経て、4月9日夜にPCR検査で陽性と判明した。その後の調査で女子高校生は3月20~22日の三連休に、母親と一緒にバスを使って大阪府に旅行していたことが判明。市によると、中国ジェイアールバスが運行する高速バスを往復の移動で利用。20日午前7時半にJR松江駅を出発し、帰りは21日午後11時にJR新大阪駅を出発する便だった。市は「このバスに乗った人で症状がある人は保健所に申し出てほしい」と呼びかけた。

 

 ネット上では、「ここで問題なのは、世界中、日本中(特に都市部)でコロナが流行っている時に呑気に大阪なんかに行ったこと。この行動がどういう意味か十分考えてもらいたい。そして、その旅行に一緒に行ったという母親。保護者という立場を全く理解していない行動。未成年とともにこんな行動をとるなんてあり得ない。何にせよこの親子のこのタイミングの行動には驚きます。終息後どうなるかかが分かりませんが、島根に住む人間からすれば十分反省しなさい」と怒りの声が。

f:id:imp0201:20200130165343j:plain

 一方で、同市は感染した女子高生の高校名を発表しているため、ネット上で本名や自宅を特定しようとする動きが出ていることに心配の書き込みも。「この親子に落ち度があるのは確かなんだけど、学校名とバイト先が出てしまったら、かなりの割合で個人を特定されてしまいそうですよね。何十人も高校生バイトがいるような大きな店なら分からないかもしれませんが…名前や住所をさらしたりする人が現れませんよう…相手は未成年ですよ」、「確実に地元で特定されているでしょ工業の女子なら。しかも感染してから行ったかは定かではないけど感染症が流行していた時期に旅行に行ってクラスター発生させたと…。これコロナが治ってからが地獄だと思う」と感染から回復した後の生活を懸念する意見も少なくなかった。