【スポンサーリンク】

セウォル号沈没事故から5年…韓国人歌手が追悼反発勢力に怒りのコメント

 14年4月に韓国・南西部の珍島沖で旅客船セウォル号が沈没し、修学旅行中の高校生ら304人が死亡、行方不明となった韓国史上最悪の海難事故から丸5年となる16日、首都・ソウルを中心に犠牲者を追悼する行事が開かれた。

 

 文在寅大統領は「二度と同じ悲劇が繰り返されないようにするという覚悟を新たにする。真相解明と責任者の処罰は徹底して行われる」と自身のフェイスブックに投稿。男性アイドルグループ・SUPER JUNIORのイェソン(34)は自身のインスタグラムに小さな黄色の船のイラストと共に、「忘れません #セウォル号5周忌」とコメント。女性アイドルグループ・KARA(16年解散)のメンバーだった歌手のク・ハラ(28)も自身のインスタグラムに黄色いリボンのイラストと共に、「皆さん2014年4月16日、絶対に忘れないでいましょう 『私の小さな動きが大きな奇跡を』#Remember0416」というコメントを残した。

 

 また、人気男性歌手のイ・スンファン(53)はセウォル号の追悼に反発する人たちへの怒りをにじませた。5日に自身のInstagramで「セウォル号がうんざりだって? 僕はあなたがうんざりです。恥を知りなさい」とした上で「100歩譲って、うんざりという方のためにも、1日も早く真実が明らかになって、無念にも犠牲となった故人の魂を追悼し、遺族の苦痛を少しでも軽減して差し上げることができればと思います。そして、責任を負うべき人々が応分の対価を負って、この地に正義が生きていることを確認したいと思います」と綴った。

 

 この沈没事故では乗客らに適切な避難措置をとらず脱出したなどとして、イ・ジュンソク船長(68)ら乗組員のほか、救助に当たった海洋警察、船の運航会社、船の等級格付け会社の関係者など計399人が立件され、154人が逮捕された。事故から丸5年となったこの日、ソウル郊外の安山で開かれた追悼行事では遺族らが政府の不適切な対応が惨事を招いたとして、当時の朴槿恵大統領ら責任者の処罰や真相究明を要求した。多くの命が失われた悲惨な事故で遺族の悲しみが癒えることはない。

f:id:imp0201:20190416193357j:plain