【スポンサーリンク】

ソウル市長が日本を痛烈批判に、姉妹都市の関係解消求める抗議殺到  

 

 韓国の朴元淳ソウル市長が日本の韓国向け半導体材料の輸出管理強化措置を痛烈批判したことに対し、「東京都はソウルと姉妹都市を解消すべき」とネット上で抗議の声が殺到している。

 

 韓国のメディア報道によると、中南米を歴訪中の朴市長は9日に、同行記者団と昼食懇談会を開いた際に「今の日本の経済報復は一言でいうと盗人猛々しい行為」と話し、「安倍政権は政治的理由で人類の普遍の常識も、国際的規範も無視し、加害者が経済的優位にあることを利用して報復を加えている」と続けたという。また、「日本は過去を国内政治に悪用して両国を分裂させて(韓日)国民をこのように対決させている」とした上で、「アジアで重要な役割を果たすべき国として、本当に無責任でそれこそ反倫理的なリーダーシップ」と痛烈に批判したという。

f:id:imp0201:20190710201907j:plain

 朴ソウル市長の一連の発言に、ネット上では「ソウルの市長の失言により東京都と姉妹都市が解消されることを望みます。攻勢に出るチャンスです。明らかな失言、内容を理解されていないようです。向こうの過失による解消が可能な今、行動されることを望みます。あと盗人猛々しいとは悪事を働いた者が平然としていることを意味します。この場合の悪事とは何かしっかりと説明をして頂きたい。いや。話すことはない。やはり解消を望みます」、「東京都はこの都市との姉妹都市や友好都市提携は解消を一考するべきではないか。他の姉妹都市や友好都市から、このような勘違いや悪意のあるコメントを発信されたことがあるだろうか?また、このような誤った言説を垂れ流すのを抑止出来ないのなら、友好による互恵関係は破綻していると言える」とソウルと姉妹都市関係を結んでいる東京都に関係解消を求める書き込みが殺到した。