【スポンサーリンク】

コロナ感染拡大で「あるタレント」の発言に、医療従事者から反発の声が

 26日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」で感染が拡大する新型コロナウイルスについて特集した。

 

 番組では、東京、福岡など各地の病院で発生している院内感染の現状を伝えた。司会を務めるタレントの関口宏は、「医療従事者の方たちの今の苦労は本当に大変なものだろうと思うけど」と前置きした上で、「でも、どっかでどうして専門家なのにうつってしまうんだろうっていう疑問はぬぐえないよね」と指摘。「医療従事者が戦線離脱されると本当にもっと我々が困らなきゃならない」とコメントしていた。

 

 関口の一連の発言にネット上では、「本気で『なぜなのかわからない』って思ってるんですかね?ってことは、医療従事者への感謝の気持ちなんて微塵も持っていないとしか思えない。いくら医療従事者で専門家でも、患者からの感染を100%防ぐ事は不可能だという事は、誰が考えても解る事だし、医療防護用のマスクやシールド、防護服が不足している事を、キチンと認識していないのではないでしょうか?そんな人が、ニュース番組の司会者をするなんて…」、「完全防護服で診察出来れば感染しないでしょうが、そういう訳にもいかないでしょうからね。テレビで発言力のある人が、医療従事者に対してこういうコメントをするのはどうかと思います」など批判的なコメントが。

f:id:imp0201:20200324173916j:plain

 医療従事者からも反発の声が多い。「医師です。悲しい発言ですね。このようなことを発信するひとはおそらく少数派で、ほとんどのかたが理解を示してくれると信じたいです。実際の現場では…発熱があったとしても嘘をついたり、クラスターが発生したところにいても隠したり、コロナ退院後という事実を隠して受診される方もいます。病院入り口で検温しても、問診しても、防ぎきれないことが多すぎます。医療従事者にも家族がいます。感染リスクが非常に高いなか、使命感で立ち向かい、奮闘していることをわかっていただきたい」、「私は小さなクリニックの医療従事者ですが、マスクは品薄で使いまわし、防護服は祖枠なものしかなく、消毒液も品薄、熱発の人は電話した後、許可が出れば診察となっていますが、皆直接受診しに来てしまう。保健所がすぐに検査に対応してくれず、色々な病院を回る人もいる。感染は免れない状況だと思います」と訴える意見が見られた。