【スポンサーリンク】

鈴木誠也と畠山愛理が結婚 婚姻届の提出日が「あの人の誕生日」と話題に

 広島・鈴木誠也外野手(25)が7日、新体操元日本代表でタレントの畠山愛理(25)との結婚を発表した。家族らに見守られてハワイで挙式を上げたが、婚姻届けを提出したのが8月17日に婚姻届だったことが大きな反響を呼んでいる。

 

 優勝を飾った「プレミア12」で侍ジャパンの不動の4番を務め、来年の東京五輪でも活躍が期待される野球界のスターと、五輪2度出場の元フェアリージャパン・エースのビッグカップルが永遠の愛を誓った。

 

 交際は昨夏からスタート。東京と広島の遠距離だったが順調に愛を育んだ。交際が発覚した時、鈴木は「いいお付き合いをさせていただいています」と堂々と交際宣言していた。婚姻届を提出したのは8月17日。鈴木が25歳を迎える前日で、畠山が25歳を迎えた翌日。互いの誕生日に挟まれた1日が新たな記念日となった。

f:id:imp0201:20191208094640j:plain

 実はこの日は、鈴木の広島の同僚の堂林翔太の誕生日でもある。鈴木は堂林の自宅に遊びに行って子供と遊ぶなど親交が深いことから、ネット上では「入籍した日が堂林先輩の誕生日!偶然かもしれないけど違う愛で結ばれているね」、「堂林も自分の誕生日がかわいい後輩の結婚した日でうれしいだろうなあ」などの書き込みが。「誠也が結婚して堂林家と家族ぐるみの付き合いになるね。2人ともがんばれ」、「誠也は広島の4番、侍ジャパンの4番として来年は突き抜ける活躍をしてほしい。堂林も監督変わってチャンスなんだからレギュラー獲らないと!」と鈴木のエールと共に、堂林への激励のメッセージも少なくなかった。