【スポンサーリンク】

卒業生のタイムカプセル誤って破棄 小学校側が謝罪も違和感と同情の声が

 メディア報道によると、京都市伏見区の桃山東小が卒業記念に校内で保管していたタイムカプセル13個を紛失していたことが4日に判明。校舎の改修工事に伴う荷物整理の際に誤って廃棄したとみられる。

 

 学校側の説明などによると、08年度、10~14年度の計6年分の卒業生約400人が保管していたタイムカプセルを紛失した。プラスチック製ケースや缶などに将来の自分への手紙や作文などを収め、タイムカプセルであることを示す紙も張っていたという。当初は体育館の床下スペースに保管していたが、17年に体育館の備品が無断で使用される騒ぎが起きたのを受け、校舎の資料室に移していた。昨年の校舎改修工事で資料室の荷物を整理する際、誤って廃棄する荷物の中に分類された可能性があるという。卒業生が今年3月、タイムカプセルを開封するため同小を訪れた時に紛失が発覚。学校側は、卒業生や保護者に説明会を開いて謝罪した。

 

 大切な思い出が詰まったタイムカプセルの紛失に、卒業生の落胆は大きいだろう。ネット上では、「誤って廃棄ですか…絶対に見れば解るでしょう。◯◯年度卒業生タイムカプセルと記載してある。それを廃棄する気持ちになれるのが理解不能タイムカプセルはお金で買えない大切な物。学校側がしっかり保管して欲しい」、「うっかりで済ませられる問題か?ちゃんと資料室に移動していたなら、それがタイムカプセルであるとわかるようにしとくべき。そういう表示もあったって?それなのに破棄したって?ありえない」など学校側の過失を厳しく指摘する書き込みがあった。

f:id:imp0201:20190705105824j:plain

 一方で学校側が過失を認めて謝罪したことに違和感を覚える考えも少なくない。「卒業したら学校関係者じゃないのに、そもそもなぜ学校側が保管する必要があるのか?PTAや保護者会でタイムカプセル作って、自分達で保管するべきでしょう」、「現時点の生徒の面倒だけでも激務なのに、毎年タイムカプセルやられて、それを無償で10年も20年もそれ以上も引き継ぎ続けるのってどんだけ大変なんだ。生徒側もおおらかな気持ちで楽しんでほしいと思います」と同情的な声も。「これはかなり残念だけどタイムカプセルというのは『またあったらいいな』くらいの方がいいよね。何年もそこを守らなければいけないならば大変だし。また何年後かにあったらラッキーくらいにしないと切りがない」という意見もあった。