【スポンサーリンク】

「マスクは白以外ダメ」と注意した札幌の学校に、大きな反響が

 札幌市教委が24日に開いた教育委員会会議で、「市内で子供たちが新型コロナウイルスの感染防止のため着用しているマスクについて、白色以外の色や柄を注意する学校がある」という指摘が委員から出て大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、会議の中で委員から「黒色のマスクをしていたら『校則で決まっている』と注意されたとの保護者の声がある。色は関係あるのか」と質問があり、別の委員からも同様の指摘があったという。委員2人は市内でマスクが品薄な上、学校側が着用を呼び掛けているとして「感染症予防に色や柄は関係ないのではないか」と訴えたという。市教は「マスク着用が優先」という意見で、学校側に適切な対応を呼び掛けるとした。

f:id:imp0201:20200325105725j:plain

 ネット上では、「緊急事態の時に色指定している場合じゃないんじゃない。平和ボケしすぎだよ。今は感染拡大を防ぐのを優先することが1番やるべき事だと思う」、「平常時ならともかく、今は非常時。何でもかんでも杓子定規にすればいいわけではない。むしろ、このマスク不足の中、よく手に入れて着用してきたと褒めるくらいの力量がないのか?」など、白以外のマスクを注意したという事案に批判の声が殺到した。